• fukumura

クラックが発見できるEL画像診断













弊社が考える最大のELの意義とは、太陽電池モジュールの将来を予測してその品質を確認できることである。

例えばクラックは、その断裂の場所や形によって、将来発電損失を生じるものと生じないものがある。

下の画像は、セルに生じたクラックが、将来どのように発電損失を引き起こすかの例である。


結晶系のモジュールは、セルにバスバーが敷設されており(下記画像では1セルにつき3本)、バスバーに対して垂直にフィンガーバーが細かく敷設されており、セルで発電した電力をフィンガーバーによってバスバーに運ぶことにより集電している。

セルにクラックが入った場合、経年の外的及び内的要因による内部破壊によりフィンガーバーが断線する可能性が高く、場所や形により発電の損失を起こす可能性がある。



0回の閲覧

株式会社横浜環境デザイン

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-20
パシフィックマークス新横浜(総合受付:1F,オフィス:6F/10F )
TEL:045-534-6468 FAX:045-534-6467
フリーダイヤル:0120-048-808

© Yokohama Kankyo Design.co.,LTD