• fukumura

サーモグラフィ検査と不具合事例

サーモグラフィ検査(以下、本検査という)の目的は、電気回路の電気の流れを温度分布により可視化して欠陥を発見する事である。太陽光発電システム(以下、本設備という)の電気の流れは日照等の気象条件により左右される為、本検査の結果は測定温度ではなく異常部分と健常部分の温度差により欠陥を把握するほうが望ましい。本設備においては太陽電池モジュール(以下、モジュールという)に対しての実施が一般的だが、接続箱、集電盤、PCS、高圧受変電設備等の回路に対しても利用する事ができる。


モジュール接続部(端子)の不具合
PIDの様子

8回の閲覧

株式会社横浜環境デザイン

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-20
パシフィックマークス新横浜(総合受付:1F,オフィス:6F/10F )
TEL:045-534-6468 FAX:045-534-6467
フリーダイヤル:0120-048-808

© Yokohama Kankyo Design.co.,LTD