• fukumura

太陽光発電所の竣工検査重要性と目視におけるフローと想定される不具合No2

アドラーソーラーワークス(以下ASW)では、定期点検ももちろんおこなっているが、不具合点検や精密点検の要望が多い。FITが始まり4年しかたっていないが、発電所では様々なトラブルが発生している。


例えば、太陽電池モジュールに関して目視でチェックする点として、モジュールの受光面の汚れや変色がないか、破損や焼損などがないかを確認したり、サイト環境では、雑草がモジュールに影を落としていないか。フェンスは、発電所の外周をきちんと囲っているか。杭基礎に腐食、傾きがないかなどを検査する。


まず事前に準備するものとして、SLD、レイアウト、仕様などのドキュメントを用意する必要がある。現場では、設計ドキュメントと実際の発電所の施工の整合性の確認をおこなう。

カメラ、コンパス、ゲートキー、測定キット、などの機器を用意し、チェック項目にしたがい、写真撮影やモジュールの角度の計測をおこなう。


目視検査で確認すべき箇所について、チェックリストを作成し、チェックリストに沿って確認していくとにより点検をおこなう者によって結果が変わってくることを防いでいる。。誰が検査をおこなっても同じ箇所を同じチェック項目、同じ検査レベルで判断することは必然である。

1回の閲覧

株式会社横浜環境デザイン

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-20
パシフィックマークス新横浜(総合受付:1F,オフィス:6F/10F )
TEL:045-534-6468 FAX:045-534-6467
フリーダイヤル:0120-048-808

© Yokohama Kankyo Design.co.,LTD